クレンジングが肌トラブルの原因|スキンケアを見直して美肌Keep

女の人

クレンジングの種類

女性

クレンジング剤にはいくつかの種類があります。頑固なメイクもスッキリと落とせるクレンジングオイルや、やさしくメイクを落とすクレンジングローション、手軽にメイクが落とせるクレンジングシートなどがあります。

View Detail

汚れもメイクも洗い流す

洗顔

女性は日々メイクを施します。メイクは、女性の身だしなみとして社会のマナーだと認識されていますが、最近では顔の印象を大きく変えることができるため、趣味として楽しむ人が多くいます。それに伴い、アイメイクが濃くなったり、ファンデーションを厚塗りしたりする女性も増えています。そのため、メイクを落としきることなく就寝してしまいシミやくすみ、ニキビなどの肌荒れが進行するトラブルが急増しているのです。日々のメイクは、クレンジング剤を使ってしっかりと洗い落とすことが大切です。とはいえ、クレンジング剤にはさまざまな種類があります。オイルタイプやミルクタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、シートタイプなどです。それぞれのクレンジング剤に特徴やメリットがあるので、自分のメイクに合わせて選ぶことが大切です。

肌のクレンジングは負担を軽減するために刺激の少ないクリームタイプやミルクタイプ、ジェルタイプなどが適切です。しっかりと重ね塗りしたマスカラや、濃いアイメイクなどはきちんと落とすためにリムーバーやシートタイプのクレンジングで洗い落とすと、色素沈着によるクマやシミを防ぐことができます。また、乾燥肌の人は乾燥を防ぐためにミルクタイプやクリームタイプで、肌の潤いを守る取り組みも必要です。敏感肌の人は刺激の少ないクレンジングを選びましょう。このように、クレンジング剤を選ぶときはメイクの度合いや肌タイプに応じて使い分けると肌への負担を軽減できるといえます。肌トラブルを改善したい人や、肌のやさしいクレンジングを知りたい人は、クレンジングの特徴や自分の肌タイプをしっかりと把握しましょう。

クレンジングを使い分ける

スキンケア

濃いアイメイクはリムーバーなどを使ってしっかりと落とす必要があります。また、肌への負担を軽減したい人は、クレンジングミルクやクレンジングジェルなどを使い分けましょう。

View Detail

肌タイプから選ぶ

洗顔

クレンジングを選ぶ際は、肌のタイプに合わせて選ぶことも大切です。乾燥肌はクリームタイプやミルクタイプで保湿を、脂性肌はメイクに応じて好みのクレンジングを選びましょう。敏感肌は刺激の少ないミルクタイプが適切です。

View Detail